やるっきゃない !!

安倍政権が国民の意見も聞かず、一気に進めようとしている国のあり方の大転換、平和と民主主義をおびやかす弱肉強食の政治。

残念ながら、県政も県議会も国政の意向に忠実です。

無批判・翼賛的で、ものわかりよい議会に、私は強い危機感をもっています。

イエスマンの同調者ばかりでは、チェック機能も果たせず、多様な県民の声は届きません。

ふり返れば1986年、土井たか子さんが「新しい出発」をされた勇気を目のあたりにし、私も「新しい出発」へと決意しました。

いま、「働く人・社会的弱者といわれる人たちの議席」「護憲・平和の議席」、そして、「脱原発の議席」として、私の責任と任務はいっそう大きくなったと自覚しています。

「暮らしの安全・安心」「雇用の安定」「いのちを大切にする」政治のために、現状への怒りと使命感を原動力に、初心をつらぬき挑戦し続けます !!

佐々木あけみ